お金・総務・人事・労務のことなら
FP・社会保険労務士事務所 つくるみらい|京都市

✔保険見直し、住宅・教育・老後資金のご相談
✔総務・人事・労務のご相談、採用・人材育成のご相談

0000456076.png

HOMEブログページ ≫ 今取るべき行動とは ≫

今取るべき行動とは

P1022712_コピー
5日ぶりのブログです。

一昨日、7都府県に緊急事態宣言が発令されました。素人意見ですが、時期としては適切であったのか、それとも遅きに失したのか、さてどちらなのでしょうか。ただ思うには、時間を戻すことはできませんので、その時期について今更議論しても意味がありません。ただし、その中身については議論の余地は多く残されています。

例えば行動の制限。日本ではなかなか難しいのかもしれませんが、企業が普通に活動をしている現状ではとても人と人との接触を7~8割減らすことなんてできるとは思えません。例えば今検討されている一定の条件に該当する世帯への30万円の給付金。これを全世帯一律50万円とし、企業はライフラインなどの生活関連の業種を除き、1ヶ月間すべてを休業、企業はその間の給与の支払いは不要とするというのはどうでしょう。生活の保障(1ヶ月50万円)があれば仮に1ヶ月分の給料がなくても何とかなるでしょうし、企業も休業補償をしなくていいのであれば一斉休業はし易くなるのではないかと思います。とくかく確実に人の動きを止める方法を考えないと、感染拡大が止まるとは思えません。

そしてもう一つ。最近とても気になる言葉に「コロナ疎開」というものがあります。コロナウィルス感染の患者が出てない、あるいは少ない地方へ避難するというもの。マスコミが頻繁に使うことでなんとなくいいイメージに捉えられている様に感じます。が、実は感染を広げてしまいかねない危険な行為であることをキチンと報道すべきです。今月末から来月初めにはゴールデンウィークがありますが、少なからず帰省をする人も出てくるのでしょうか。これも同様に自分のふるさとにウィルスを持ち込んでしまう行為とも言えます。

一人一人が今どうしたらよいかをもっと考えて行動することが求められています。今は「自宅にいよう」がベストな行動なんでしょうね

 

2020年04月10日 10:38

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
FP・社会保険労務士事務所  つくるみらい
ファイナンシャルプランナー一柳賢司

ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
マンション管理士
一柳 賢司

TEL:050-3580-0300

受付時間

月曜~金曜 10:00~18:00
土曜 10:00~15:00

定休日:日曜・祝日

お問い合わせはこちらから≫

モバイルサイト

FP・社会保険労務士事務所 つくるみらいスマホサイトQRコード

FP・社会保険労務士事務所 つくるみらいモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!