お金・総務・人事・労務のことなら
FP・社会保険労務士事務所 つくるみらい|京都市

✔保険見直し、住宅・教育・老後資金のご相談
✔総務・人事・労務のご相談、採用・人材育成のご相談

0000456076.png

HOMEブログページ ≫ いたずらに一方へ誘導すること ≫

いたずらに一方へ誘導すること

P1250036_コピー
昨日、自宅で遅い昼食を取りながら見ていた報道番組に感じた違和感です。

話題は先週19日に解除された全国の都道府県またぎの移動に関すること。有名な女性キヤスターと数人のコメンテーターが、リモートで参加した感染症の専門家である医師へいくつかの質問をしながら議論を進めていくというもの。総論として、「withコロナ」という現状を一人一人が意識して、制限はあるものの、うまく社会経済を回していくことが必要という専門家やコメンテーターの意見に対し、女性キャスターが「移動すればまた元に戻ってしまう」の繰り返し。そしてその意見を専門家やコメンテーターに押しつけるような進行に、「いったい何をいいたいのか」と思わずづぶやいてしまいました。

今回の新型コロナウィルスに関する新聞や、テレビやネットの記事には、どう考えても適切でない、解釈や伝え方が偏ったものが多くあるように思います。特に個人の意見が多くなるSNSでは目につきます。もちろん専門外のことに対する意見はそもそも信憑性はありませんが、私が問題と思うのは、同業者も含め、専門家といわれる人が発する意見や内容が、あまりに事実が誇張されたり、あるいは危機をあおるように書かれること。意見の発信は個人の自由とはいえ、もう少し事実のみを伝えることはできないものかと考えてしまいます。

さて皆さんは今回のコロナウイルスに関する報道についてどのように考えますか?

 

 

2020年06月23日 15:28

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
FP・社会保険労務士事務所  つくるみらい
ファイナンシャルプランナー一柳賢司

ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
マンション管理士
一柳 賢司

TEL:050-3580-0300

受付時間

月曜~金曜 10:00~18:00
土曜 10:00~15:00

定休日:日曜・祝日

お問い合わせはこちらから≫

モバイルサイト

FP・社会保険労務士事務所 つくるみらいスマホサイトQRコード

FP・社会保険労務士事務所 つくるみらいモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!